Matthieu Pinson について

Profile

Matthieu Pinson マチュー パンソン

パリ郊外生まれ、フランス人。
15歳からフランス料理、パティシエの勉強をし、パリで有名なレストランやパティスリーで経験を積んだ後、パリの有名製菓学校の講師や、フリーのフードスタイリストとして活躍する。
2012年に渡日。
製菓専門学校での講師、ビーントゥーバーチョコレートショップの立上げからメニュー開発、生産管理を担当。
その後はピエール・エルメ・パリ・ジャポンでシェフパティシエとして勤務し、2018年自身のブランド「Numéro 5 Paris」をオープン。
Numéro 5 Parisでは、彼の様々な経験からお店に留まらず、お菓子作り教室やレシピ開発、OEM・商品開発なども手掛けている。チョコレート製造からデザート、スタイリングまで幅広い分野を得意としている唯一無二のスペシャリスト。

 

Née en1985 non loin de Paris, à Montargis, ville emblématique pour sa fameuse praline,Matthieu Pinson, commence à apprendre la cuisine dès l’âge de 15 ans. Ensuite, il continue ses études dans le domaine de la pâtisserie, chocolaterie, confiserie et glacerie. Progressivement, il évolue dans ce domaine et devient chef dans différentes pâtisseries et restaurants emblématiques de Paris. Après quelques années passées dans les cuisines il a l’opportunité de devenir « Food stylist » qui marquera un tournant dans sa carrière professionnelle.

​Il arrive au Japon en 2012.
De professeur de pâtisserie, il crée Green Bean to bar Chocolate et y devient responsable de

la production.
A la suite, Il devient Manager pâtissier dans la grande maison Pierre Hermé · Paris · Japon. Dorénavant, Il prépare le lancement de sa propre entreprise Numéro 5 Paris, qui ouvrira ses portes à Meguro-Ku, Midorigaoka.




 

《日本での実績》

2012年 来日 製菓専門学校講師
2015年 ビーントゥーバーチョコレート専門店の立ち上げ、開発、製造責任者
2017年 ピエールエルメ・パリ・ジャポン 製造責任者
2018年 自身のブランドNuméro 5 Parisを立ち上げる

2019年 渋谷スクランブルスクエア出店
     世界文化社「家庭画報」にてお取り寄せ商品取り扱い開始
2020年 カヌレが接待の手土産特選に選ばれる
     横浜高島屋出店
2021年 渋谷マークシティのリニューアルに伴い出店
     玉川高島屋出店
2022年 福岡 岩田屋三越取り扱い開始
     雑貨店ブルーブルーエ様の20店舗にて取り扱い開始
     フランス大使館にてゲスト500名分のデザート担当を担う
     T-fal「取手のとれるティファール」へレシピ提供及びコンテンツ配信開始
2023年 高島屋オンライン常設商品販売開始
     フランス大使館ナショナルデー出店